経済と経済学をつなげるブログ

『言論の自由の世界地図』は赤だらけ<The Economistの記事より>

2018/08/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
経済学修士取得。 今は金融業界で営業として働くサラリーマンです。 リサーチ職(エコノミスト)、経済学博士取得を目指して奮闘中。

今日はたまたま目に留まったエコノミストの記事を取り上げます。

世界では言論の自由が保障されているのは少数派

こちらのリンクに、言論の自由の度合いが色塗られており、

言論の自由が保障されているところが青、保障されていないのが赤で塗られているのですが、

赤ばっかり。笑

日本にいると言論の自由が当たり前に感じてしまいますが、世界では少数派なんですね。。

言論の自由はもはや必要なくなっている?

取り上げた記事では、

中国はもはや富を得るのに言論の自由は必要ないことを証明したのでは、という指摘がありました。

程度の差はあれ、シンガポールもそうですね。

欧米諸国が「経済的成功には言論の自由が絶対に必要」と考えられてきていましたが、

そうした時代が変わりつつある、のかもしれません。

この記事を書いている人 - WRITER -
経済学修士取得。 今は金融業界で営業として働くサラリーマンです。 リサーチ職(エコノミスト)、経済学博士取得を目指して奮闘中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© エコノミストへの道 , 2018 All Rights Reserved.