経済と経済学をつなげるブログ

年収800万円=最大幸福説の根拠とは?その内容を調べてみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
経済学修士取得。 今は金融業界で営業として働くサラリーマンです。 リサーチ職(エコノミスト)、経済学博士取得を目指して奮闘中。

どうも、サーズです。

仕事柄お金持ちやお金持ちに関わることがとても多いのですが、

お金持ちに関わる人どおしでよく話題になるのが、

「一番幸せな年収は、800万くらい」という説です。

 

今回は、読んでいる本 前野隆司著『幸せのメカニズム』で詳細な考察が出てきたので、

それを取り上げます。

 

年収800万=最大幸福説とは

この説が登場するのは、ノーベル経済学賞を受賞した、プリンストン大ダニエル・カーネマンのこちらの論文。

タイトルは、”Would You Be Happier If You Were Richer? A Focusing Illusion”

まさしく、年収が増える事で幸せ度も上がるかどうかに疑問を呈しているタイトルですね。

カーネマンは、年収7万5千ドルまでは「感情的幸福」は収入に比例して増えるものの、

年収7万5千ドルを超えると比例しなくなる、という結論を出しています。(年収800万円=最大幸福説

 

調査方法と結果

この研究は、アメリカの世論調査会社ギャラップが、2008年から2009年に、

45万人のアメリカ人に実施したアンケート調査をもとに集計した、

「Gallap-Healthways Well-Being Index」を分析した研究になっています。

(詳しい方法については、こちら(ギャロップ社well being indexサイト、methodology))

「人生に満足していますか(All things considered, how satis-fied are you with your life as a whole thesedays?)」

という問いに対しては、年収が上がるほど満足度が上がる一方で、

「楽しいですか(Taken all together, would you saythat you are very happy, pretty happy, or not toohappy?)」という問いに対しては、年収7万5千ドルを超えると年収と比例しなくなったとのこと。

 

ここで注目したいのは、「年収800万=最大幸福説」は驚きがあるので、そればかりが前面に出てしまいますが、

「人生満足度」については、年収に比例していたということ。

「年収800万=最大幸福説」と言われていますが、

その最大幸福とは、あくまで短期スパンの幸せ(楽しいかどうか)のことなんですね。

逆に言えば、年収が高い人の方が、人生満足度が高いということも、この研究は示しています。。

ここについては誤解がないように理解したいですね。

 

では、どの年収の人がどんな割合でアンケートに答えていたのか。

Would you be happier if you were richer? A focusing illusion.
Kahneman D1, Krueger AB, Schkade D, Schwarz N, Stone AA. Table2より表を引用します。

 

これを見ると、年収が5万ドルを超えても、Very happyを選ばずに、Pretty happyを選んでいる人が多いですね。

この結果が「年収7万5千ドルを超えると年収と比例しなくなった」という結論に影響しているようです。

ただ年収が高い層の方がわずかではありますがvery happyを選んでいる人は多いですね。

 

なぜ、年収800万円=最大幸福なのか?

前野先生は、以下の4つを仮説として挙げています。

⑴最低限の生活を確保したときの方が幸福度の上昇率は高い

⑵年収7万5千ドルを超えると十分にリッチなので幸福感が十分に高まっている

⑶そもそも感情的幸福で幸福を議論することが間違っている?

⑷アンケートには「とても楽しい」という選択肢しかないので、年収が10倍違うときに幸福度も10倍差をつけることが物理的にできない

これについてはどれが正解かはわかっていない、とのこと。

どれも正しそうですが、私は以下のように考えました。

自己実現の欲求が年収と比例していない

⑴については、最低限の欲求を満たしたときも幸せですが、

それより高次の、自己実現欲求が満たされた時の方が、「感情的幸福」も高くなるのではないのかなあと思いました。

もしかしたら、自己実現欲求が満たされることと年収が比例していないことが原因かもしれません。

分析方法に工夫が必要だった

⑷の影響もかなりありそうです。

very happy, pretty happy, not too happyの3段階しかないので、年収のカーブとマッチしていない気がします。

こういうときは対数を取るはずですが、論文だと取っていないようですね。。

それか、この3段階をもっと10段階などに増やしてみたらどうなるんでしょうか。

論文ざっとしか読んでいないので、あまりはっきりは言えないんですが、そういう関連論文もあるかもしれないですね。

(それかそれもやったけど結果が変わらなかったんですかね。)

年収7万5千ドルの人に、なぜvery happyにしなかったか聞く

あれこれ議論する前に、単純に、年収7万5千ドルの人になぜvery happyではなくhappy や not too happyにしたのか、理由をじっくり聞くのも手ですよね。笑

聞いてみたい・・・!笑

カーネマンは聞いてるかもしれないですね。しかもそれももう研究しているかも。

関連論文があるかどうか、探してみます。

 

まとめ

確かに、「感情的幸福」については、年収7万5千ドルを超えると年収と比例しなくなるようですが、

生活満足度については、年収と比例している。

感情的幸福については、たしかに比例はしていないが、年収が上がるほどvery happyを選ぶ人は多くなっている。

(調査方法参照)(5万ドル以下と5万ドル以上で差が顕著)

アメリカで行われた調査なので、「年収7万5千ドル=最大幸福説 in アメリカ」。日本で当てはまるかどうかはわからない。

自己承認欲求と年収の関係性が影響している?

関連論文をもっと読みたい!

 

今日は以上です!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
経済学修士取得。 今は金融業界で営業として働くサラリーマンです。 リサーチ職(エコノミスト)、経済学博士取得を目指して奮闘中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© エコノミストへの道 , 2018 All Rights Reserved.