経済と経済学をつなげるブログ

《考えてみた》世界の国々、一生で全部行くには?

2018/07/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
経済学修士取得。 今は金融業界で営業として働くサラリーマンです。 リサーチ職(エコノミスト)、経済学博士取得を目指して奮闘中。

どうも、サーズです。

研究者たるもの、全部の国に行っておかなくてはならないのでは?とふと思ったりします。

世界一の経済学者になるには?

もご覧ください。

 

そもそも世界に国はいくつあるか?

 

こちらのサイトによると、日本政府が承認した国数は、196ヶ国、国連加盟国は、193ヶ国だそうです。

 

三ヶ国の違いは、

バチカン、コソボ共和国、クック諸島、ニウエが、国連未加盟国で日本政府承認、

北朝鮮が国連加盟国で日本政府未承認、とのこと。

ということで、ガッチャンコしますと、197ヶ国ってことになります。

 

一生で全部回るには?

 

197ヶ国を、一生で全部回るには?

 

65歳まで海外旅行に行ける体力があるとすると、

今現時点で私は27歳なので、残り38年間で197ヶ国。

197÷38=5.18,,

1年で5ヶ国回るのがノルマになりますね。笑

 

うーん、1つの国をある程度じっくり見るとすると、年末年始、夏休みの長期休みで二、三ヶ国回れば、なんとかなりますが、ノルマを意識し過ぎると色々と本末転倒してきそうなレベル感。

 

これ、例えば20歳から始めていたとしたら、1年あたり4.3ヶ国になりますね。

面白そうなので、表を貼っときます。笑

開始年齢 残り年数 一年ごとのノルマ
15歳 50年 3.94ヵ国
20歳 45年 4.38ヵ国
30歳 35年 5.63ヵ国
40歳 25年 7.88ヵ国
50歳 15年 13.13ヵ国

 

 

小国をいかに効率よく回るが大事ですよね。当たり前か。笑

またこれについては、別の記事で書けたら書きます。

 

実は世界の国全部を周った人は〇人しかいない

一説によると、なんと世界の国全部を周った人は12人しかいないそうです。

(ちょっと根拠のデータ確認できませんでした。すみません。)

 

ちなみに、世界の国全部を周った人はなかなかに少ないようです。

今最年少記録を持っているのはこの女性。

 

Cassie De Pecolさん(@cassiedepecol)がシェアした投稿

なんと同い年の27歳!しかも美女!

同じく研究者!

負けていられないですね。

こんな記事もあったのでよければ見てみてください。

「お金に困った時には、駅で寝泊まりしたり、カウチサーフィンで探して他人の家に宿泊させてもらったりしたわ。時には朝食やベッドメイキングするお手伝いをして、その代わりに部屋代や食事代を無料にしてもらうなど、やれることは何でもしたの。」

彼女は18歳で一人旅に出て、わずか2000ドルで2年間、24か国を周ったとのことでとてもかっこいいですね。

サーズ

この記事を書いている人 - WRITER -
経済学修士取得。 今は金融業界で営業として働くサラリーマンです。 リサーチ職(エコノミスト)、経済学博士取得を目指して奮闘中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© エコノミストへの道 , 2018 All Rights Reserved.