経済と経済学をつなげるブログ

ディーナーの人生満足尺度で、人生満足度を図ってみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
経済学修士取得。 今は金融業界で営業として働くサラリーマンです。 リサーチ職(エコノミスト)、経済学博士取得を目指して奮闘中。

こんばんは、サーズです。

今日は以前友人にも教えてもらった、『ディーナーの人生満足度』についてご紹介します。

こちらの本も参考にしています。

 

ディーナーの人生満足尺度とは?

エドワード・ディーナーは、イリノイ州の教授で、「幸福学の父」とも呼ばれている人物だそう。

それまで尺度がバラバラであった「人生満足度」について、5つの質問を定式化しました。

現在では幸福学の研究で広く使われているそうです。

元論文は、こちら。

The Satisfaction With Life Scale
Ed Diener , Robert A. Emmons , Randy J. Larsen & Sharon Griffin

Journal of Personality Assessment Volume 49, 1985 – Issue 1

 

5つの質問

では、その5つの質問を見ていきます。

・ほとんどの面で私の人生は私の理想に近い

・私の人生はとてもすばらしい状態だ

・私は自分の人生に満足している

・私はこれまで自分の人生に求める大切なものを得て来た

・もう一度人生をやり直せるとしてもほとんど何も変えないだろう

 

これらの質問に7段階で回答します。

7(強く同意する)、6(同意する)、5(やや同意する)、4(どちらでもない)、3(やや同意しない)、2(同意しない)、1(強く同意しない)

各項目の合計点が何点になるかで人生満足度を出します。

これだけ見ると少し面倒に感じるかもしれませんが、webでも簡単に測れます。

 

WEBで簡単に測ることが出来る

どなたが作ったのか不明ですが、以下のページで、アンケートフォームに答えていくだけで、

簡単に人生満足度を測ることが出来ます。

実際に私もやってみましたが、2分くらいで終わりました。

興味ある方は、後半部分を読む前にぜひ。笑

 

実際に測ってみた

昨日、レゴランドに行く途中、あおなみ線に乗っている最中に測ったのですが、そのときは22でした。

そして今、一人部屋でパソコンをぽちぽちやっているときに回答してみると18でした。笑

やはり解答するときの気分によってだいぶ変動してしまいそうですね。

 

ちなみに、さきほどのサイトで、18点をたたき出した際に、参考でだされるコメントがこちら。

人生のある側面で非常に不満があるようです。ちなみに,中国の大学生の平均が16.1,韓国の大学生の平均が19.8だそうです。幸運は現実,幸福は認識です。起こった事をどう感じるか・・・このあたりが幸福への鍵なのではないでしょうか。

個人的には、この人生満足度はただの測り方に過ぎなくて、これが低かったからと言って、

人生に不満があるわけではないので、余計なお世話じゃと思いましたが、、(笑)

 

ひとつひとつの質問に対して、ネガティブな感情が思い出されるエピソードが先に浮かんできて、否定的な選択肢を選んでいました。

エピソードがプラスの感情を伴うものが多ければ肯定的な選択肢を選ぶんでしょうが、

過去におきたエピソードに対して、自分がどう判断しているかもカギになっていることは間違いないですね。

 

参考結果

日本人15歳から79歳までの1500人に聞いた調査(幸福・性格・欲求の調査アンケートに基づく
幸福感の関係解析、蓮沼 理佳、2011)では、

日本人の平均は18.9点だったそうです。

 

『幸せを科学する』(大石繁宏、2009)によれば、

アメリカ人大学生の平均点は24.5

日本人大学生の平均点は 20.2

韓国人大学生の平均点は 19.8

中国人大学生の平均点は 16.1

アメリカ人男性囚人の平均点は 12.7

 

アジア人の方が低い傾向にあるようですね。

日本→韓国→中国となった文化的背景について分析するのも面白そうです。

『幸せを科学する』では文化と幸せについての考察もあるようなので、今後記事にしていきます。

 

皆さまはどうでしたか?

 

まとめ

私は今後、今自分が思い描いているような目標が達成されたとしても、この人生満足度は高くなるかどうか自信がないです。

その過程で紆余曲折が起こるんだろうな、、と想像してしまうからです。

逆に、かなり不幸なことが起きれば、それなりに点数は低くなる気もします。

 

この人生満足度を上げるために生きているわけではないですし、

この満足度が高いことが本当に人生満足度が高いこととイコールなのかについてももう少し理解したいところです。

幸福学、面白いですね。

 

今日は以上です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
経済学修士取得。 今は金融業界で営業として働くサラリーマンです。 リサーチ職(エコノミスト)、経済学博士取得を目指して奮闘中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© エコノミストへの道 , 2018 All Rights Reserved.