経済と経済学をつなげるブログ

GDPのサイズ感を身に着ける

 
この記事を書いている人 - WRITER -
経済学修士取得。 今は金融業界で営業として働くサラリーマンです。 リサーチ職(エコノミスト)、経済学博士取得を目指して奮闘中。

こんにちは、サーズです。

先ほどの記事に引き続き、マクロ経済をわかっているための4か条で取り上げた、

サイズ感の把握の一環で、GDPランキングをのっけます。

名目GDP国別ランキング

いつもお世話になっている、世界経済ネタ帳さんより、引用させていただきます。

(IMFのサイトに行けって感じですが、、段々直データを増やしていくつもりです。)

順位 名称 単位: 10億USドル
  合計 79,766.68
1位   アメリカ 19,390.60
2位   中国 12,014.61
3位   日本 4,872.14
4位   ドイツ 3,684.82
5位   イギリス 2,624.53
6位   インド 2,611.01
7位   フランス 2,583.56
8位   ブラジル 2,054.97
9位   イタリア 1,937.89
10位   カナダ 1,652.41
11位   韓国 1,538.03
12位   ロシア 1,527.47
16位   インドネシア 1,015.41
23位   スウェーデン 538.58
53位   ギリシャ 200.69
54位   イラク 197.70
63位   エクアドル 102.31
82位   マカオ 49.80
101位   ウガンダ 26.35
114位   ボツワナ 17.17
134位   モンゴル 11.14
165位   ブータン 2.33
191位   ツバル 0.04

 

さて、

世界全体の合計GDPは、79兆ドル。

アメリカ 19兆ドル

中国 12兆ドル

日本 4.8兆ドル

ドイツ 3.6兆ドル

イギリス、フランス 2兆ドル

インドネシア 1兆ドル

スウェーデン 5000億ドル

ギリシャ 2000億ドル

エクアドル 1000億ドル

モンゴル 100億ドル

ブータン 20億ドル

 

都道府県別名目GDPランキング

いわゆる県内総生産というやつです。

順位 名称 県内総生産(百万円) 人口 対GDP比率
1 東京都 93,128,268 13,299,871 18.31%
2 大阪府 37,314,976 8,848,770 7.34%
3 愛知県 35,447,523 7,442,874 6.97%
4 神奈川県 30,218,541 9,078,769 5.94%
5 埼玉県 20,678,194 7,222,185 4.97%
13 京都府 9,825,395 2,617,347 1.93%
26 鹿児島県 5,286,586 1,679,619 1.04%
47 鳥取県 1,767,569 577,647 0.35%

東京 93兆円(約8400億ドル)

・・・あれ、めちゃくちゃ大きい。笑

東京都のGDPは94兆円。2015年の各国のデータで比較してみると、16位に相当する

インドネシア、オランダ、トルコを上回る経済規模だ。

東京都のGDP、世界16位(Tokyo Data)(日本経済新聞)

大阪 37兆円(約3300億ドル) →アラブ首長国連邦、ナイジェリアと同規模

神奈川 30兆円(約2700億ドル) →チリ、バングラデシュと同規模

京都 9兆円(約820億ドル) →エチオピア、ケニアと同規模

島根 1兆円(約90億ドル)→ルワンダと同規模

 

企業の利益ランキング

それでは企業を見ていきます。

参照したのはこちら。

順位 企業 (100万ドル)
1 Apple 53,394
2 Industrial & Commercial Bank of China 44,098
3 China Construction Bank 36,303
4 Agricultural Bank of China 28,735
5 Bank of China 27,186
9 Toyota Motor 19,264

アップルは500億ドル →マカオ、山口県と同規模

トヨタは200億ドル →アフガニスタン、高知県と同規模

 

まとめ

結局何がやりたいのかよくわからなくなってきました笑ww

・日本のGDPは大きい。都道府県別で考えても東京は国別GDPランキングの16位に入る。

・アップルは国別GDPランキングでいくと82位に入る。()

とりあえず、以下はするするっと覚えておきたいですね。笑

アメリカ 19兆ドル

中国 12兆ドル

日本 4.8兆ドル

以上です。

この記事を書いている人 - WRITER -
経済学修士取得。 今は金融業界で営業として働くサラリーマンです。 リサーチ職(エコノミスト)、経済学博士取得を目指して奮闘中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© エコノミストへの道 , 2018 All Rights Reserved.